重要無形民俗文化財 見付天神裸祭
見付天神裸祭保存会公式Webサイト
個人情報の取扱お問い合わせ  
先頭頁 > 主な祭事 > 御池の清祓
見付天神裸祭の主な祭事
御池の清祓
御池の清祓
拝殿を清める神職

 神社境内を清める神事で、大祭の前夜に行われる。  午後八時、境内が消灯している中、宮司の祝詞が流れ、庭火が焚かれ、献餞が始まる。この時、御池の西北にある伊勢神宮遥拝殿の扉は開けられており、その中に浜の清祓に用いた鉾が立てられる。祝詞が終わると、大麻と浜より持ち帰った海水や砂で、本殿四方を始め境内を隈なく清め、最後に残った大麻と残った海水を中川に捨てる。  御池に戻り、参加者全員小祓いで全身を祓い、息を吹きかけ心身の汚れを榊に託し庭火で焼く。  かつては、御池の神事が終わると各町より御神酒が献上され、その時榊をそれぞれの町へ授けられた。現在では大祭の朝(翌日)行われる。

この頁の先頭へ


見付天神裸祭 先頭頁へリンク